何かと話題のドローン!いったいどんなものなの?

ドローンは最近何かと話題になりますよね。まだドローンを始めたことがない人に為に一体どういったものなのか紹介していきます。ドローンというのは無人航空機の総称です。

総称からわかると思いますが、無人だけど遠隔操作や自動飛行で飛ばすことができます。元は軍用ですがその利用方法も沢山見出されていて、ドローンと言えばやはり撮影が主な利用方法です。

ドローンにはカメラが搭載されている機体が多く、空中から撮影することができます。普段は見られない空中からの景色を撮影することができるので、美しい景色を楽しみたいという人にオススメです。

持ち運びもしやすいコンパクトサイズのドローンもあるため、各地の名所の撮影も容易に行えます。撮影以外だと農業の農薬散布や測量といった利用方法もあります。趣味として遊ぶならドローンレースというのも流行っています。

それぞれに専用ドローン、例えば農薬散布用のドローンとかレース用のスピード重視の機体も作られています。初心者はなかなか手が出しにくいと思いますが、興味があるなら確認してみるのも良いでしょう。

ただし、ドローンを飛ばすためにはいくつか注意点もあるので飛ばす前に確認しておく必要があります。知らないと最悪の場合は軽犯罪になってしまうこともあるので、これからドローンを始める人は必ず確認しましょう。ドローン関連の事故や違反はとても増えてきているので、ルールを守って遊びましょう。

ドローンを飛ばすなら、その前にルールや機能を確認!

ドローンは誰でも飛ばすことができますが、その前に飛ばすための許可を取らないと違反になってしまうことがあります。機体によって変わりますが重さ200gを超えるドローンを超える場合は事前に許可を取らなければいけません。

他にも夜間に飛ばす時に許可が必要とか、イベントの撮影をする場合にも許可が必要などどんどんドローンの法も整備されています。ドローンを飛ばす場合は必ず自分の目で法を確認してから飛ばすようにしましょう。

200gを超えなければ許可は必要ないので、初心者の人は200gを超えない小型ドローンから始めるという方法もあります。コンパクトなドローンなら価格が安いことも多いので、初心者の人にもオススメの機体と言えます。

他にもこれからドローンを飛ばすなら知っておいた方が良い事もあるので紹介していきます。例えばドローンの機能とか練習方法、飛行距離など初心者が知っておかないと事故につながってしまうこともあるので、これからドローンを始めるなら知識も覚えておきましょう。

知識を覚えておけば事故とか違反を防ぐこともできるので、知識を覚えるのは面倒と思うかもしれませんが確認しておきましょう。GPSとかFPVなど知っておくと便利で楽しい機能も沢山あるので知っておいて損はありません。

ドローンの楽しみ方はとてもたくさんあるので趣味として申し分ないです。ルールを守ってドローン楽しんでいきましょう。

ドローンはあまり遠くまで飛ばせてはいけない?飛行距離の注意点

ドローンはどこまでも飛ばせると思っている人はいませんか?ドローンの飛行距離には限界もあるので、どこまでも飛ばせるわけではありません。どれくらいの距離まで飛ばせるのか?気になる人も多いと思うので紹介していきます。

メーカーさんによるとドローンの飛行距離は直線距離で約2kmから2.5mまでと言われています。数値だけ見るとかなり遠くまで飛ばせると思いがちですが、実際はそんなに飛ばせません。

理由としてはまず、ドローンは目視外に飛ばしてはいけないというルールがあるためです。人が目視できる範囲は100mから300mほどなので、ドローンが飛べる距離は100mから300mまでと考えましょう。

他にも理由はあって、ドローンは電波を受信して飛んでいるわけですが、場所によっては電波を受信しづらい場所もあります。例えば建物があるとか障害物があると電波が遮られてしまってドローンを飛ばせなくなってしまいます。

この2つからドローンはあまり遠くまで飛ばすことができないということがわかります。ドローンを遠くまで飛ばして、自分の目では見られない場所を撮影したいと考えていた人は諦めましょう。

ドローンの飛行距離は機体によっても変わってきます。普段使う分には飛行距離をあまり気にする必要はありませんが、もし長距離を飛ばす場合は新しい機体を選ぶようにしましょう。ドローンは新しくなればなるほどその機能も高くなってくるので、それに伴い飛行距離も伸びていると考えてよいでしょう。

初心者がドローンと飛ばす時に注意しておきたいことは、自分の機体がどれくらいまで飛ばせるのかという点です。距離を見極めておかないと、ドローンの操作が効かなくなってしまい、最悪の場合だと墜落してしまう危険性もあります。

初めてドローンを飛ばす場合は、どのくらいの距離までドローンを飛ばせるのか必ず検証するようにしましょう。スマホなどを使えば飛行距離も分かるので、ドローンを飛ばす時に有効活用してみてください。

飛ばしていれば安全に飛ばせる距離というのもつかめるようになってくるので、繰り返しドローンを飛ばす練習をするとよいでしょう。ドローンに自動帰還機能が付いていると安全に練習や距離を測ることができます。

自動帰還機能というのは、もしドローンを見失ってしまった時や操作できなくなってしまった場合に、ボタン一つで手元まで戻ってきてくれる機能です。墜落のリスクも減らせるので初心者の人には欠かせない機能の一つです。

他にも便利な安全機能があるので、初心者の人はなるべく安全機能が充実しているドローンをオススメします。機能が充実すればそれだけ機体の価格も高くなってしまいますが、安全性を考えれば必要経費と考えましょう。

ドローン関連の事故は少ないように見えて結構多く発生しています。知らずに長距離飛ばしてしまい違反になってしまうということもあるので注意しましょう。

知らなかったでは済まされないのでドローンを飛ばすならルールやマナーを守って楽しむようにしましょう。

ドローンの映像を見るならFPV機能で!一人称視点で楽しめる

ドローンには「FPV」という機能が付いています。なんの略かというと「First Person View」に略です。意味としては一人称視点という意味で、いったいどんな機能なのか?紹介していきます。

ドローンの一人称視点というとドローンを使ったことがない人はイメージしづらいのではないでしょうか。このFPVではドローンが見ている映像を、ゴーグルなどを介してまるで自分がドローンに乗っている時の映像を見ることができます。

例としては例えば花火大会を上空から見てみたいという時にこのFPVを使います。そうするとまるで自分が空中から花火を見ているような視点で花火を見れるという訳です。ただ花火などをFPVで見る場合は、ドローンを飛行させるルールから事前に許可を取る必要があるので注意してください。

このFPVは他にもドローンのレースにも使われることがあります。自分がドローンに乗ってレースをする感覚を味わうことができるため、よりリアルなレースを体感することができます。

このFPV機能を使ったドローンレースの大会もあるので、興味があるなら出場してみるのも良いでしょう。ただし比較的上級者向けになるので、ドローンを始めたばかりの人は操作に慣れてからにしましょう。

FPV機能を使うためにはドローンにシステムが搭載されている必要があります。システムと聞くと難しく感じるかもしれませんが、FPV用のカメラを取り付けるだけです。

機体によっては最初からこのFPV機能が付いているドローンもあります。最初からついていればそのまま使うことができるので、後付けの必要はありません。ただ、最初からついているFVP機能に不安があった場合は付け替えてもOKです。

注意点としてFPVがついているドローンというのは高額の場合が多いです。そのため個人ではなかなか手を出しにくいと思うので、そういった場合は後からつけるとよいでしょう。

後からつける場合はコストをかなり削減することができます。カメラにもよりますが1万円以下のカメラもあるし、モニターも1万円未満で購入することができます。

安くてもスペックが高いFPVシステムもあるため、最初からFPVがついているドローンに手が出せないなら後付けするとよいでしょう。

FPVはスマフォとかタブレットにも映像を連動することもできます。タブレットでは大きい画面で映像を見ることができるためより迫力のある映像を楽しむことができます。

改めてタブレットを購入する必要はありませんが、興味があるならタブレットとも連動してみるとよいでしょう。FPVはゴーグルを利用することが多いですが、ゴーグルをすると周りが見えにくくなってしまいます。

周りが見えにくく危険性もあるため、ゴーグルを利用する場合は周りに危険がない場所で利用するようにしましょう。FPVはドローンレース以外の利用方法もあります。

例えば災害地の映像を見るとか、地形の調査にも利用することができます。普段なら見えない映像とか、地上からしか見たことない景色を空中から見ることができるのでFPVがあればドローンの楽しみ方も楽しむことができます。

初心者が知っておきたいドローンのパーツ名称や役割

ドローンはいくつかのパーツから構成されています。今回はパーツの名前とその役割を紹介していきます。パーツは機体によってついているパーツが違うので、例えば機体Aについているパーツでも機体Bにはついていないという場合もあるので注意してください。

まず共通してついているのはプロペラですね。これは必ずついているので忘れないようにしましょう。このプロペラの役割は飛行です。プロペラがついているからドローンが飛べるわけです。機体によってプロペラが3つの機体もあれば4つ、それ以上のプロペラがついている機体もあります。

次にフライトコントローラーです。これもすべてのドローンに共通してついているパーツになります。これがないと、例えば操作することができないため必須です。役割はコントローラーから指示を受けてドローンを動かすことになります。

次にバッテリーでこれもドローンには必ずついているパーツです。役割としては、ドローンが動くための原動力になります。充電式のバッテリーとなっているため、充電することで繰り返しの利用が可能です。

ただバッテリーの寿命があるので、バッテリーが終わるのが早くなったら取り換える必要があります。予備のバッテリーを持っていると、長時間の飛行も可能となるので便利です。

次にジンバルというパーツです。あまりなじみのない名称ですが、このパーツもあった方がとても便利と言えます。役割としては、手ぶれ補正です。手ぶれと言えばカメラで撮影する時にきれいに撮影ができることで知られています。

ジンバルが付いていれば、手ぶれ補正をしてくれるため、ドローンでの撮影をサポートしてくれます。ドローンできれいな風景を撮影したいという人には必須のパーツです。

ここまでがドローンの本体のパーツになります。機体によってはこれにカメラがついていることが多いです。枠割は当然静止画や動画の撮影で、ジンバルと合わせればきれいな撮影が可能となります。

ドローンによっては後からカメラを搭載することができるため、好みのカメラを搭載することもできます。次にこれはパーツとはいないかもしれませんが、送信機があります。

分かりにくいならコントローターと言えばわかるでしょうか。他にも「プロボ」なんて呼ばれ方もしています。ドローンを操作するためのパーツです。これがないとドローンの操作ができないので必須と言っていいでしょう。

カメラは付いていない機体もありますが、ここで紹介したパーツはほぼ必ずドローンについています。初心者の人は最低限これだけは覚えておくと良いでしょう。

ドローンと言えば既存の商品を購入することが多いと思いますが、自作することもできます。その時にパーツを知っておけば、スムーズにドローンを自作することができます。

ドローンを飛ばすだけではなく、自作して楽しむという遊び方もあるため、興味があるなら自作してみると良いでしょう。自作の良い所は自分の好みに組み上げることができる点です。

1つのパーツの分類の中でも複数のパーツがあるため、見た目の好みとか性能で選ぶことができます。ある程度ドローンのことを理解できて、違う楽しみ方をしたいというならば、自分だけのドローンを自作してみましょう。

初心者が知っておくと便利なドローンの機能!飛ばすときに有効活用

ドローンには様々な機能が付いています。これから始める人はどんな機能があるのか?昨日の名前は聞いたことはあるけど、どんな機能なのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

ドローンについている機能やその詳細を紹介していきます。初心者が知っておくと便利な機能を押さえておきましょう。機体によってついている機能も違うので、目的の機能が見つかったらその機能が機体についているか確認を忘れずに行いましょう。

まずドローンと言えば定番の撮影機能です。すべての機体で撮影できるわけではなく、カメラが搭載されている機体なら静止画の撮影や動画の撮影ができます。撮影を目的にドローンを始める人は多いと思うので、初心者の人に役立つ機能の一つです。

カメラが搭載されていない機体もあるので注意しましょう。ただし、機体によって後からカメラを後付けして撮影機能を付けることもできるので、カメラを後付けできる機体も便利です。

次にGPS機能です。これは携帯電話とかカメラなどにもついているので聞いたことがある人も多いでしょう。この機能が付いていればドローンの操作がより安定するので初心者の人にオススメできる機能です。ただこの機能が付いているとドローンの操作技術がなかなか身に付かないので、注意が必要です。

ドローン初心者の人に欠かせないのが安全機能です。この機能が付いていれば事故の防止になるので、事故が多い初心者の場合はあった方が便利です。

具体的な安全機能には自動帰還機能があります。名前の通り例えばドローンを見失ってしまった時にボタン一つで自分の手元までドローンを帰還させることができます。

初心者の人はドローンの飛行距離が分からずに、操作ができない距離まで飛ばしてしまうケースが多いです。その時にボタンを押せば勝手にドローンが帰還するので、ドローンを見失う心配もないし操作ができずに墜落も防ぐことができます。

初心者の人はドローンを墜落させてしまうことが多いので、必須と言ってもいい機能であるといえます。この機能を使うためにはドローンにGPSがついている必要があるので、自動帰還機能を使うならGPSが搭載されているのか確認しましょう。

バッテリーアラームという安全機能もあります。ドローンの墜落の原因はバッテリー切れが多いので、バッテリーアラームがあればバッテリー切れでの墜落を防ぐことができます。この機能も初心者には便利なので、バッテリー切れが心配ならアラームがついている機体を選ぶようにしましょう。

フェイルセーフという機能も初心者には便利です。この機能が付いていれば、万が一ドローンの操作を誤ったときに事故が起こらないようにしてくれるのでとても有用です。

初心者は事故をドローンの事故、特に墜落させてしまう可能性が高いのでカメラが付いていなくても、最低限安全機能があった方が良いでしょう。ドローンの機能はカメラとかGPS、安全機能の他にも様々あります。

それ以外の機能についてはドローンの操作に慣れてからでも遅くありません。機能が多いとドローンの価格も高くなってしまうので、初心者は多くの機能が付いている機体はオススメできません。理由としては墜落させて壊してしまうリスクもあるからです。

これからドローンを始める人はまずは操作に慣れることから始めましょう。