ドローンをすぐに飛ばしたい!始めるには許可や免許が必要になる?

ドローンを自分で操作して飛ばすためには、「許可や免許」が必要になります。機体を購入したからすぐに飛ばしたいと思いますが、必ず許可や免許の手続きをしてから飛ばすようにしましょう。

許可や免許がなくても飛ばすこと自体は可能ですが、見つかってしまうと犯罪になってしまうこともあります。知らずに飛ばすということがないように注意しましょう。

そもそもドローンは、以前は許可とか免許がなくても飛ばすことができましたが、事故が多く航空法によりドローンの許可や免許が必要になりました。ドローンを飛ばすための許可や免許にはいくつか種類があります。

「人口集中地区」と「高度150メートル以上」、「空港付近」でドローンを飛ばす時に許可が必要です。人口集中地区なら許可なくても飛ばせる!と思う人もいると思いますが、残念ながら人口集中地区でも許可がないとドローンを飛ばせません。

許可を取るためには国土交通大臣もしくは、空港事務所長に許可がないといけません。ドローンの事故は、意外に大事になってしまいます。遊び道具だと侮るとひどいケガをしてしまう可能性もあるので、扱いには十分注意が必要です。

実際にドローンに関する事故や違反は多いので、飛ばす前に対策を立てるようにしましょう。ドローンの操作に慣れてきたら、例えば夜間に飛ばしてみようとかイベントの撮影に使ってみようと考える人もいます。

夜間やイベントの撮影にも許可が必要で、許可なしですると捕まってしまいます。他にもドローンを目視外に飛ばす場合や人や物件と30メートル離すことのできない飛行、危険物の搬送、物件の投下にも許可が必要となります。

よく事故になるのはドローンを使って花火を撮影することです。過去に事故になったこともあり、花火をドローンで撮影したいなら事前に許可が必要となるので注意しましょう。

ドローンを飛ばすための許可の申請の仕方についても紹介しておきます。申請は国土交通省のWebサイトから行えます。そこから「無人航空機」についてのページにアクセスしてそこから申請することができます。

そこにはドローンを飛ばすための細かいルールも書かれているので、申請前に改めて確認してみましょう。申請すると聞くと、中には自分でもできるのかな?と思う人もいるのではないでしょうか。

自分で申し込みする場合はパソコンで画像の処理をしたりPDFに情報をまとめたり、文書の作成をしないといけないため、人によっては難しく感じる人もいます。そういった人は申請の段階でドローンの飛行を諦めると考える人もいると思いますが、諦める必要はありません。

ドローンの飛行許可や免許は自分で申請せずとも行政書士に依頼することで申請することができます。むしろ初心者の人は行政書士の人に依頼した方がメリットは大きいです。

例えば許可が出る可能性も高くなるし、許可が出るまでの期間の短縮にも期待することができます。自分で申請すると大変そうな窓口での対応をする必要もないので、申請に困ったら行政書士に依頼してしまいましょう。

ただし、行政書士に依頼する場合はお金が掛かるので注意してください。意外と依頼料は高く数万円はかかることになります。依頼料とよく考えてから申請すると良いでしょう。