ドローンは日本のみならず外国でも人気!ルールや法律は違う?

ドローンは日本のみならず外国でも人気です。外国でドローンを飛ばす時に注意することはあるのか?紹介していきます。海外旅行に行くときにドローンを持ち込むまたは持ち込みたいという人は確認しておきましょう。

まずは外国に行ったら、その国や地域でドローンを飛ばすためのルールがないのか確認する必要があります。海外でも日本と同様に飛行するために手続きが必要とか、飛行できるエリアが制限されていることが多いです。

日本の場合は国土交通省に許可が必要となりますが、外国でもこれに似たような場所で許可が必要になる場合が多いです。外国に行く場合は、どこに許可申請をすればいいのか?確認してからドローンを持ち運ぶようにしましょう。

国にもよりますが、目視外の飛行をさせてはいけないとか、飛行機の妨げになる飛行をしないなど、飛行できるエリアが制限されています。飛行が禁止されているエリアは国でそれぞれ違うので、飛行許可が出たとしても、飛行禁止エリアでの飛行はしないようにしましょう。

その国ならではの飛行禁止エリアがある場合もあるので注意しましょう。厳密にいえば日本と外国のドローンを飛ばすための法律やルールは違いますが、似たようなことが定められています。

日本もそうですが、ドローンに関する法については今後変わることも十分考えられます。例えば過去ドローンを飛ばしてもOKだったエリアでも、新たに方が変わって飛行が禁止になってしまうということも可能性としては0ではありません。

そのため、外国でドローンを飛ばす場合は、その国のドローンに関する法がどのようになっているのか入念にチェックしてから持ち運ぶようにしましょう。外国にドローンを持ち運ぶ場合は他にも注意点があります。

ドローンを飛ばすためにはそれなりに多くのパーツが必要となります。サイズが大きい機体だと、重くて持ち運びが大変というデメリットがあります。外国にドローンを持っていくと移動がしづらくなってしまうので注意しましょう。

次に、現地に着いた時に飛行制限エリアを見極めるのが難しいというデメリットもあります。旅行で行くわけですから土地勘もないと思うので、ドローンを飛ばす時は本当にそこが飛行していいエリアなのか?確認するようにしましょう。

国によっては看板などでドローンがOKの場合もあるので、探してみるのも解決方法の一つです。その国の言葉がわかるならば、その地に住んでいる人に聞いてみるというのも良いでしょう。

最後にドローンの飛行練習をよく行っておきましょう。せっかく海外旅行するのですから、練習不足でうまく撮影できないとなると勿体ないです。外国でしか撮影できない場所があると思うので、キレイな撮影ができるようにドローンの飛行技術を磨いておきましょう。

飛行技術を磨いておけば、海外でドローンが墜落するという可能性も抑えることができます。練習不足で墜落なんて話は結構あるので注意してください。