ドローンのバッテリーにも注目!起動時間や寿命はどれくらい?

ドローンは電源としてバッテリーを使っていることが多いです。充電可能なバッテリーが使われているので、充電すれば何度でも使うことができます。ただし、何度でも使えるといってもいつかは寿命を迎えるので取り換えることも必須です。

ドローンのバッテリーはどれくらいで来るのか?飛行距離はどれくらいなのか?バッテリー関連の情報も覚えておきましょう。バッテリーの寿命までの期間は保存の方法や使用方法によって変わってきます。

1つのバッテリーを長く使いたいなら寿命を縮めないように気を付けましょう。いくつか寿命を短くしない方法も紹介していきます。まずドローンの操作方法に注意しましょう。

例えばドローンを急発進や急浮上、急停止をするとバッテリーに負荷がかかり寿命を縮める原因となります。操作する時はコントローラーなどを慎重に操作して、ゆっくり操作するようにしましょう。

ドローンを飛ばしているとついつい時間を忘れてしまいバッテリーの残量ギリギリまで遊んでしまうということもあります。これは寿命を縮めてしまう原因になってしまうので注意しましょう。

バッテリーの残量が減ればそれだけ寿命を縮めることになってしまいます。バッテリーが半分程度になったらやめる、など余裕を持っておけば寿命をあまり縮めません。バッテリーが終わってしまい墜落してしまう、ということも同時に防げるので覚えておくと良いでしょう。

バッテリーを使ったら次に向けて当然充電するでしょう。充電時も寿命を縮めてしまう原因となるので、注意が必要です。バッテリーだから残量100%まで充電すればいい、と思うかもしれませんがそれはよくありません。

過充電になってしまいバッテリーの寿命を縮めてしまうので、充電する時は残量100%まで充電しないようにしましょう。また充電時にバッテリーが膨らんでくるという現象が起きることもあります。主に急速充電をしたときになりやすいです。

膨らんでしまうと寿命を縮めてしまうので、バッテリーを長持ちさせたいなら急速充電はしないようにしましょう。知らずに充電していると、寿命を縮めてしまう行動をとっていることが多いので、知っておいて損はありません。

バッテリーの起動時間、つまりドローンに搭載されているバッテリーでどれくらい飛行できるのか?紹介していきます。起動時間はバッテリーによって変わってきます。

例えばホビーと呼ばれるドローンのバッテリーならば、起動時間は15分か20分と言われています。商業用と言われる大きいドローンの場合はそれよりも少し起動時間が長く30分から40分程度の飛行が可能です。

操作の仕方とかで多少左右されるので、この時間は目安程度に考えておきましょう。バッテリーの買い替え時期についても紹介しておきます。バッテリーは使っているとだんだんドローンの飛行時間が短くなってきます。

短くなってきたら寿命が近くなっているので買い替えましょう。寿命がわかりやすいように、初めてドローンを飛ばした時の起動時間を覚えておいて、時期を見て起動時間を比べてみると良いでしょう。

長時間のドローン飛行を楽しみたいという人は複数のバッテリーを用意するのも有りです。バッテリーがあればいざという時に困らないので、用意しておいて損はありません。