ドローンとラジコンヘリの違いとは

ドローンのことを詳しく知らない人は、同じような機体の「ラジコンヘリ」と同一の存在と考えている人も多いのではないでしょうか。ドローンとラジコンヘリは似ていますが、違いはあるのでこれからドローンを始めるなら違いを知っておきましょう。

違いがあるといいましたが、分類としてはどちらも「無人航空機」となるので意味は同じです。ではどこが違うのかというと操作の仕方になります。

まずドローンですが、自分で操作することもできますが自動飛行もできる機体もあります。自動飛行はドローンの強みとも言えます。対してラジコンヘリですが、自動飛行はできず操作する場合は必ず人の手で操作しなくてはいけません。

自動飛行か可能かどうかがこの2つの大きな違いです。ドローンの自動飛行というのはとても有用な機能と言えます。例えばあらかじめシステムに目的地を設定しておけば自分で操作しなくても勝手に飛んでくれるので操作する手間も省けます。

自動飛行のメリットは他にもあって、自動飛行ならば自分の目視外でも飛行できることになります。より遠くまで飛ばすことができるため、人がなかなか入れないような場所も映像でチェックすることが可能です。

障害物などもドローンに搭載されているカメラやセンサーで自動で避けてくれるので事故の確率も少ないです。ラジコンヘリは目視できないと操作はできてもほぼ必ず事故につながるため目視外での飛行はできません。

そう考えるとドローンとラジコンヘリには飛行距離も大きく違うといえます。ただしドローンは法で目視外での飛行は禁止されているので、この点には注意が必要になります。

遠くまで飛ばすためには事前に許可などが必要になってくるので、長距離を飛ばす場合は必要な手続きを必ず行うようにしましょう。

現在のドローンとラジコンヘリの違いは自動飛行できるかどうかという点ですが、この先どうなるかわかりません。ドローンは技術の進化がとても速いのでこの先もラジコンヘリと違うところも沢山出てくると思います。

例えば新たな産業の取り入れも見出される可能性も高いです。すでに農業とか測量、運搬などでドローンが新たに取り入れられています。最近では重要施設の防犯とか自宅の警備などにも使われていて、ドローンの進化が速いことが覗えます。

どちらかというと個人よりも法人用の使い道の方が多いですが、趣味として個人で楽しむことも可能です。例えばすでにドローンを使ったレースも開催されているしFPVなどでドローン視点の映像を楽しむなど、楽しみ方は沢山あります。

ラジコンヘリよりも価格が安く、ドローンは個人でも購入しやすくなっています。性能を気にしなければ1万円以下で購入できるドローンもあるので、まだドローンを利用したことがない人はこれから始めてみてはどうでしょうか。

まだまだ進化の可能性は沢山あるので、自分で今までになかったドローンの活用方法を考えてみるのも楽しみ方の一つです。

1.電動小型ラジコンヘリ修理・調整専門 そらもん
電動小型ラジコンヘリの組立・修理・調整専門のそらもんのHP

2.とくさんのラジコン部屋
とくさんの ラジコンのフライト日誌&写真などを掲載しています。

3.きれいな映像…音絵箱
思い出の詰まったアナログテープのメディア変換など、デジタル編集・コピー・ダビング・メディア変換/CD&DVD制作の専門店です。

4.角倉の電動フライトテクニック
電動飛行機について、技術情報や製品情報なども紹介しています。

5.ゲーム攻略サイト GAYM
ゲームの攻略情報や最新情報を掲載した交流サイトです。

6.空撮人|ドローン事業情報サイト
空撮会社、ドローン練習場の紹介など、ドローンに関する最新の情報を掲載しています。

7.ドローンNAVIドットコム
最新のドローンニュースや動画、ドローンの規制情報などを掲載した、ドローンの情報センターです。