ドローンといえばやっぱり撮影!キレイな景色を楽しむ

ドローンと言えばやはり空から撮影できることが大きな特徴です。ドローンを始めたい人は、キレイな風景を撮影したいから始めるという人が多いのではないでしょうか。ドローンは、静止画はもちろんのこと動画を撮ることもできます。

ドローンにはカメラが搭載されていない機体もあるため、機体を選ぶ時には注意しましょう。機体によっては、初期の状態で搭載していなくても後からオプションとして追加することもできます。

後から追加する場合は、自分でカスタマイズしなくてはいけないので手間が掛かりますが、自由度はとても高いです。例えばカメラの付け替えが自由になるため、様々なカメラを取り付けることができるようになります。新しいカメラが発売されれば、新しいカメラを取り付けるということも可能です。

ドローンで静止画や動画を撮影する場合はカメラも重要になってきますが、期待も重要です。例えばドローンは1万円未満で購入できる機体もあり、安くてもカメラがついていることもあります。ただしその性能はどうなのか?というとあまり良いとは言えません。

カメラならキレイに撮影できない場合もあるし、期待に関してはブレ補正などもついていないので撮影してもぶれてしまう可能性も高くなってしまいます。キレイに撮影して後で風景を楽しめるように、機体選びは重要です。

価格が安い機体についているカメラの画素数は約200万画素である場合が多いです。これで十分そうに思えますが、この画素数は最近のスマフォよりも低いです。キレイな撮影をしたいならば1000万画素以上はあった方が良いといえます。

ですがその画素数となるとやはり機体の価格も高くなってしまいます。価格としては約4万円以上の機体がこの1000万画素以上のカメラを搭載していることが多いです。選ぶなら多少高くなってしまっても4万円以上の物を選ぶようにしましょう。

ただカメラだけで選ぶというのも良くありません。例えば機体にブレ補正が付いていなかったり、飛行中の音がうるさくて動画の撮影が困難だったりするのでカメラ以外のスペックも一緒に確認しておきましょう。

またカメラには静止画にだけ向いて入るものもあれば動画撮影に向いているカメラがあります。静止画をメインにするなら静止画の撮影に向いているカメラを、動画を撮影するなら動画撮影に向いているカメラを選ぶようにしましょう。

最後にドローンの大きさも重要です。あまり大きいと持ち運びが大変で、例えば県外とか海外で撮影したい場合にドローンの持ち運びに苦労することになります。サイズは大きすぎないものの方が良く、コンパクトなら持ち運びも簡単に行えます。

またサイズが小さく重さが軽いドローンならば飛ばす時に規制に引っかかることがありません。具体的には200g以下のドローンは規制に引っかからずに飛ばすことができます。

規制がややこしく面倒と感じる人は200g以下のドローンを利用すると良いでしょう。ただ200g以下のドローンはきれいな静止画は取れるけど、動画はきれいに撮れないとか、ブレ補正がないという欠点もあります。

どの期待を購入するかは個人の自由ですが、よりきれいな画像や動画を撮影したいならば大きすぎず、小さすぎないものを選んだ方が利便性もあるし、満足いく撮影をできる可能性が高いです。

ドローンは身近の防犯や点検にも!警察でも有効活用されている?

ドローンはその機能から防犯としての活用方法も見出されています。警備専用のドローンもあり、例として「セコムドローン」というものがあります。このドローンには機体に監視カメラとLEDライトが搭載されています。

搭載されているカメラとLEDで警備のエリア範囲内に入ってきた人や車を上空から撮影します。自立飛行で怪しいと思ったものに近づいて、人ならば顔や身なり、車ならナンバーや車種、車の色を撮影してくれます。

詳細に撮影してくれるため、もし怪しい人や車が何か事件を起こせばすぐに特定することができます。かなり有用な警備システムなので、防犯や周囲の点検にはとても心強い味方となってくれるでしょう。

価格ですがシステムということで、月額で支払う必要があります。具体的には5000円から利用できるようになっています。諸々の工事などを含めると合計で80万円以上かかるので、個人での利用はハードルが高いです。

では自宅を警備してくれるドローンはあるのでしょうか。個人でも利用できる防犯用のドローンがあればとても心強い味方になってくれるでしょう。実際に自宅の警備や点検をしてくれるドローンはあります。とはいえまだ発売されてはおらず、発売予定の警備用ドローンですが紹介します。

まずは「スマートカメラ」を利用したドローンです。普段はライトですが、ライドが人を感知すると飛び立ち目標を監視してくれます。そしてカメラで撮影してくれるため何か起きた時に対処することができます。しかもドローンが飛び立つと同時にドローンの利用者に通知が行くので、対応もしやすくて便利です。

映像も保存されるため、事件の証拠などに利用することができます。他にも自宅内で使える自宅用ドローンと呼ばれ名前は「Aire」というものが発売予定です。これは室内に置いておき、外からスマホを利用して操作ができるというものです。

自動敷地内に不法侵入してきたら、その映像を撮影してくれるので防犯にも十分利用することができます。他の利用方法としては、外出先からも利用できるので出かけた後に戸締りの点検とか火の点検も可能になります。もちろん景色の撮影も可能なので、カメラで撮影を楽しむことも可能です。

また自分で遠隔操作ができ、死角もできにくいため普通の設置型のカメラでは撮影しにくい場所でも防犯用ドローンなら問題なく撮影することができます。ドローンは空中から撮影をする訳ですから、万が一侵入者にドローンの存在がばれてしまっても妨害されてしまう可能性も少ないです。

後者の物は警備以外にも自宅の確認も同時にできるので、利用する機会も多いでしょう。どちらも警備は可能なので、自宅の防犯が心配ならば発売した折には利用してみてはどうでしょうか。

ドローンは警察が警備に使うこともあるので、その有用性はとても高いです。警察では例えばゴミの不法投棄の監視をしたりドローンから送られてくる映像で警備をしたり様々な活用方法が見出されています。防犯や点検にドローンは役立つので、個人でも法人でも利用してみてください。

便利だけあってその価格は高額であることが考えられるので、購入する場合には価格には気を付けましょう。

測量や地形調査もできる!?ドローンを飛ばして有効活用

ドローンの使い道を工夫してみると、様々なことができます。例えばドローンで撮影をして地形調査や測量も可能です。通常、地形調査や測量には多くの時間が掛かるし、費用も莫大な物になるので簡単には行えません。

そこでドローンを利用することができる「UAVを用いた測量マニュアル」というものが作られています。それに従ってドローンで調査すれば、精度を確保できるため、ドローンで測量をする場合は必須と言えます。

実際にどのように測量するのかというとドローンのカメラを利用する方法とレーザーを利用した方法があります。カメラを利用する測量方法は調査したい地形をドローンに搭載されたカメラで撮影します。

撮影した映像で地形のデータを収集したり解析したりするのがカメラを利用した測量方法です。この測量の良いところは、実際に自分が現場に近づかなくてもいいところです。

近づかなくてもいいので、危険を遠ざけることができるのでより安全に測量ができることになります。またコストの削減も大きなメリットであるといえます。ただし、メリットも大きいですがデメリットも大きいです。

例えば調査する地形が複雑すぎると精度の高いデータを取るのが困難になってしまうというデメリットがあります。次にレーザーを利用した調査方法ですが、こちらはドローンに搭載されているレーザーを利用して測量をします。

カメラを利用した測量方法では難しい地形の測量ができるのがこのレーザーのメリットです。レーザーを利用した測量方法では、なかなか正確に測量ができなかったようなので、その難しさがよくわかります。

共通のメリットとしてドローンを測量に使えば一度に広範囲の測量を一度にできるというメリットもあります。実際にドローンを測量に使ったところ、今までの手法で6週間かかるところ2週間で終わったという情報もあります。

簡単にできることではありませんが、測量とか地形調査に興味があるならばドローンで試してみてはどうでしょうか。すでにドローンを使って測量や災害地などの地形調査をしている人も大勢います。

災害地だけではなく人が入れないような場所の調査にもドローンは役立つので有効活用してみてください。測量や地形調査をする場合、機体はそれ専用の物もあります。

主に商業用とか業務用と呼ばれる分類に分けられるドローンがそれに当てはまります。専用のドローンならば、最初から目的を達成できるようにドローンが作られているので、測量や地形調査するなら必須と言えます。

専用のドローンは趣味などで使うドローンよりの価格が高く設定されています。高いものだと100万円を超える期待もあるため、個人で購入する場合は手が出しにくいです。価格をよく確認してから購入するようにしましょう。

最後にドローンで測量するためのソフトウェアというものも発売されています。測量するなら既存のソフトウェアを利用してみるとよいでしょう。ソフトウェアも価格が結構高いため価格には注意が必要です。

ドローンをもっと違う用途で使いたいという人は測量や地形調査で有効活用してみましょう。

ドローンのバッテリーにも注目!起動時間や寿命はどれくらい?

ドローンは電源としてバッテリーを使っていることが多いです。充電可能なバッテリーが使われているので、充電すれば何度でも使うことができます。ただし、何度でも使えるといってもいつかは寿命を迎えるので取り換えることも必須です。

ドローンのバッテリーはどれくらいで来るのか?飛行距離はどれくらいなのか?バッテリー関連の情報も覚えておきましょう。バッテリーの寿命までの期間は保存の方法や使用方法によって変わってきます。

1つのバッテリーを長く使いたいなら寿命を縮めないように気を付けましょう。いくつか寿命を短くしない方法も紹介していきます。まずドローンの操作方法に注意しましょう。

例えばドローンを急発進や急浮上、急停止をするとバッテリーに負荷がかかり寿命を縮める原因となります。操作する時はコントローラーなどを慎重に操作して、ゆっくり操作するようにしましょう。

ドローンを飛ばしているとついつい時間を忘れてしまいバッテリーの残量ギリギリまで遊んでしまうということもあります。これは寿命を縮めてしまう原因になってしまうので注意しましょう。

バッテリーの残量が減ればそれだけ寿命を縮めることになってしまいます。バッテリーが半分程度になったらやめる、など余裕を持っておけば寿命をあまり縮めません。バッテリーが終わってしまい墜落してしまう、ということも同時に防げるので覚えておくと良いでしょう。

バッテリーを使ったら次に向けて当然充電するでしょう。充電時も寿命を縮めてしまう原因となるので、注意が必要です。バッテリーだから残量100%まで充電すればいい、と思うかもしれませんがそれはよくありません。

過充電になってしまいバッテリーの寿命を縮めてしまうので、充電する時は残量100%まで充電しないようにしましょう。また充電時にバッテリーが膨らんでくるという現象が起きることもあります。主に急速充電をしたときになりやすいです。

膨らんでしまうと寿命を縮めてしまうので、バッテリーを長持ちさせたいなら急速充電はしないようにしましょう。知らずに充電していると、寿命を縮めてしまう行動をとっていることが多いので、知っておいて損はありません。

バッテリーの起動時間、つまりドローンに搭載されているバッテリーでどれくらい飛行できるのか?紹介していきます。起動時間はバッテリーによって変わってきます。

例えばホビーと呼ばれるドローンのバッテリーならば、起動時間は15分か20分と言われています。商業用と言われる大きいドローンの場合はそれよりも少し起動時間が長く30分から40分程度の飛行が可能です。

操作の仕方とかで多少左右されるので、この時間は目安程度に考えておきましょう。バッテリーの買い替え時期についても紹介しておきます。バッテリーは使っているとだんだんドローンの飛行時間が短くなってきます。

短くなってきたら寿命が近くなっているので買い替えましょう。寿命がわかりやすいように、初めてドローンを飛ばした時の起動時間を覚えておいて、時期を見て起動時間を比べてみると良いでしょう。

長時間のドローン飛行を楽しみたいという人は複数のバッテリーを用意するのも有りです。バッテリーがあればいざという時に困らないので、用意しておいて損はありません。