ドローンのこんな活用方法!農業や農薬散布する時の助けに

ドローンの活用方法は撮影や飛行だけではなく工夫することで様々な活用方法を見出せます。その中の一つにドローンを農業に使うという方法があるので紹介です。ドローンと農業というと関連がないと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

畑で作物を育てる場合は害虫の対策に農薬を散布することがあります。人の手でやってみるとかなり大変だと思いますが、ドローンがそれを解決してくれます。ドローンに農薬を積載して散布することができるようになりました。

農薬をドローンで散布することによるメリットはとても大きいです。例えば一人でも手軽に農薬を散布できるとか、農薬が広範囲に広がらないので吸い込む危険が減るといったメリットに期待できます。

これまで農薬をドローンに似たヘリコプターで行っていた人も中にはいるのではないでしょうか。そのヘリコプターを用意するためになんと最低でも1000万以上掛かるとされています。

それをドローンにすることでかなりコストの削減ができるようになります。ドローンの価格も様々ですが、だいたい180万円前後で購入可能です。180万でもなかなか高額に感じるかもしれませんが、ヘリコプターよりもかなり安いのがわかるのではないでしょうか。

他にもメリットはあり、ドローンを飛ばして畑の状況を確認できる点です。例えばどれくらい育ったのかとか、害虫は付いていないのか確認することができるドローンもあります。ドローンを利用すれば農業の管理が簡単にできるようになる点も、大きなメリットです。

デメリットとしてはやはり安全性の問題です。ドローンで農薬すれば農薬は広範囲に広がりませんが、それも確実とは言えません。万が一ということもあるため、注意しておく必要もあります。

ドローンが墜落してしまうという機械ならではのリスクもあります。墜落してしまうと、農場にも少なからず影響を与えてしまうため墜落の危険性も考えて置く必要があります。

またドローンを飛ばすためには事前に許可が必要となるため、その手続きもしなくてはいけません。農薬の散布も加わるとさらに手続きが増えるので、ドローンを農業に使うまでに結構手間がかかってしまいます。手続きをせずに勝手に利用するという人も多く、許可なくすると犯罪にもなってしまうため注意しましょう。

このようにデメリットもありますが、メリットも非常に大きいです。農業をしている人は減ってきているので、農薬の散布とか農場の管理を一人でするのはなかなか大変という人も多いのではないでしょうか。

そういった人はドローンを活用すれば人手不足の解決にもつながりますし、コスト面もかなり削減することができます。農薬散布の時間削減にも期待できるので、農業をしている人は一度ドローンの活用を考えてみてはどうでしょうか。

農業用に作られている専用のドローンもあるため、探す場合は専用の機体を探してみましょう。購入まで踏み切れないという人は、ドローンのレンタルを行っている企業もあるため、レンタルで試しに使ってみるという方法もあります。

農業をしていない人もドローンは様々な活用方法があると覚えておくと、何かの拍子にアイデアが浮かぶ可能性があります。自分なりにドローンの活用方法を考えてみましょう。