過去の事故や違反から学ぶ!ドローン操作時の注意点

ドローンを飛ばしている時に事故や違反を起こしてしまうことは少なくありません。飛ばすなら、事故や違反を起こさないように対策をしてから飛ばすように心がけ、周囲に迷惑を掛けないようにしましょう。

実際にどんな事故や違反があったのか、知っておくだけでも対策になるので紹介します。ドローンの事故で一番多いのは落下してしまうことです。例えば強風にあおられて見失ってしまうこともあるし、操作をミスして制御不能になり落下といった例があります。

ドローンを飛ばすなら天候の確認もして強風にあおられないように対策をしましょう。操作ミスについては、練習を重ねてミスを少なくするしかありません。Webで探せば初心者の練習方法もあるので、参考にして練習してみましょう。

飛ばす前には期待のチェックも怠ってはいけません。確認をし忘れてしまいバッテリーが少ないままで飛ばしてしまい、落下してしまう事故もあります。飛ばす時はドローンに何か不備が無いかよく確認してから飛ばすようにしましょう。

ドローンで忘れてはいけない違反は、「無許可飛行」です。ドローンは落下することもあり、事故が起きるため特定の場所で飛ばす場合は特別な許可が必要なことがあります。

例えばよくあるのが花火大会での無許可飛行です。ドローンを使って空中から花火を撮影したい!と考える人は多く、知らずに撮影してしまう人もいます。花火を撮影する場合は、事前に許可が必要になるので花火の撮影をする時は注意しましょう。

花火大会だけではなく、ドローンは重要施設周辺での飛行は禁止されています。過去に人口密集地区でドローンを飛ばして事故になったという例も多いです。

特に夜間飛行が多いようで、夜景を撮影しようと思いドローンを飛ばしてしまい違反になる例が多くあります。人口密集地区でドローンを飛ばす場合も事前に許可が必要となるので、飛ばす時に注意です。

ドローンを飛ばす時には周りに気を配りましょう。例えば「高速道路に落下させてしまった」とか「建物の屋根に衝突させてしまった」といった事故例もあります。工事現場の撮影をしていて、電波障害が発生してクレーンに衝突して落下したという事故も起きています。

ドローンを飛ばす時は場所をよく考えて、事故や違反にならない場所で飛ばすようにしましょう。例えば狭い場所とか、建物が密集している場所などで飛ばすと落下する可能性も高くなってしまいます。ドローンを飛ばすならば、周りをよく確認して十分飛ばせるスペースがある場所で飛ばすようにしましょう。

周りに人がいないから飛ばしても大丈夫!などと考える人もいますが、そう思い飛ばしていたら捕まってしまったという例も少なくありません。ばれなければ問題ないと考える人もいますが、ドローンの無許可飛行や落下などは犯罪になることもあります。

万が一捕まってしまった時に苦労するのは自分なので、事故や違反を起こしたくないなら注意してドローンを飛ばしましょう。

ドローンと言えば撮影ですが、それ以外でも活用方法が見出されています。個人で飛ばしている人も増えてきているので、個人でこれからドローンを飛ばしたい!という人は事故や違反の対策をキッチリ行っておきましょう。

ドローンの事故は多く、飛ばすためにルールが決められているので初心者の人は忘れずに確認してください。