ドローンといえばやっぱり撮影!キレイな景色を楽しむ

ドローンと言えばやはり空から撮影できることが大きな特徴です。ドローンを始めたい人は、キレイな風景を撮影したいから始めるという人が多いのではないでしょうか。ドローンは、静止画はもちろんのこと動画を撮ることもできます。

ドローンにはカメラが搭載されていない機体もあるため、機体を選ぶ時には注意しましょう。機体によっては、初期の状態で搭載していなくても後からオプションとして追加することもできます。

後から追加する場合は、自分でカスタマイズしなくてはいけないので手間が掛かりますが、自由度はとても高いです。例えばカメラの付け替えが自由になるため、様々なカメラを取り付けることができるようになります。新しいカメラが発売されれば、新しいカメラを取り付けるということも可能です。

ドローンで静止画や動画を撮影する場合はカメラも重要になってきますが、期待も重要です。例えばドローンは1万円未満で購入できる機体もあり、安くてもカメラがついていることもあります。ただしその性能はどうなのか?というとあまり良いとは言えません。

カメラならキレイに撮影できない場合もあるし、期待に関してはブレ補正などもついていないので撮影してもぶれてしまう可能性も高くなってしまいます。キレイに撮影して後で風景を楽しめるように、機体選びは重要です。

価格が安い機体についているカメラの画素数は約200万画素である場合が多いです。これで十分そうに思えますが、この画素数は最近のスマフォよりも低いです。キレイな撮影をしたいならば1000万画素以上はあった方が良いといえます。

ですがその画素数となるとやはり機体の価格も高くなってしまいます。価格としては約4万円以上の機体がこの1000万画素以上のカメラを搭載していることが多いです。選ぶなら多少高くなってしまっても4万円以上の物を選ぶようにしましょう。

ただカメラだけで選ぶというのも良くありません。例えば機体にブレ補正が付いていなかったり、飛行中の音がうるさくて動画の撮影が困難だったりするのでカメラ以外のスペックも一緒に確認しておきましょう。

またカメラには静止画にだけ向いて入るものもあれば動画撮影に向いているカメラがあります。静止画をメインにするなら静止画の撮影に向いているカメラを、動画を撮影するなら動画撮影に向いているカメラを選ぶようにしましょう。

最後にドローンの大きさも重要です。あまり大きいと持ち運びが大変で、例えば県外とか海外で撮影したい場合にドローンの持ち運びに苦労することになります。サイズは大きすぎないものの方が良く、コンパクトなら持ち運びも簡単に行えます。

またサイズが小さく重さが軽いドローンならば飛ばす時に規制に引っかかることがありません。具体的には200g以下のドローンは規制に引っかからずに飛ばすことができます。

規制がややこしく面倒と感じる人は200g以下のドローンを利用すると良いでしょう。ただ200g以下のドローンはきれいな静止画は取れるけど、動画はきれいに撮れないとか、ブレ補正がないという欠点もあります。

どの期待を購入するかは個人の自由ですが、よりきれいな画像や動画を撮影したいならば大きすぎず、小さすぎないものを選んだ方が利便性もあるし、満足いく撮影をできる可能性が高いです。