1万円以下でも買える!?初心者が迷った時のドローンの選び方

ドローンのことを知らない初心者の人はその選び方も詳しく知りません。選び方のポイントはどこなのか?何を基準に選べばいいのか分からないと思うので紹介していきます。初心者でドローンの選び方が分からない時に参考にしてみてください。

まずは価格ですが、初めてドローンを購入するなら高額の機体は避けましょう。理由としては、初めて飛ばす場合は操作にもなれておらず墜落してしまう可能性もあるからです。では安い期待はどれくらいの価格からなのか?というと最も安いのが1万円以下で購入することができます。

初心者がドローンを購入するならまず1万円以下の機体を購入してみてはどうでしょうか。ドローンの機体としては安いので、まずは万が一墜落してしまってもリスクの少ない期待で操作になれることから始めましょう。そこから徐々に価格が高いドローンに切り替えていくという方法が失敗しづらく良い方法と言えます。

価格を確認したら、ドローンをどんな目的で利用したいのか考えます。例えばただ飛ばしたいという人もいれば、ドローンで空中から景色を撮影したいという人、またはその他の用途として使いたいなど目的は人それぞれです。

ただドローンを飛ばしたい人は、ただ飛ばしたいと思う人や景色を撮影したいと考えている人が多いのではないでしょうか。ただ飛ばしたい人は機体があれば問題ありませんので、価格が安い機体から操作に慣らしていきましょう。

景色を撮影したい人は、カメラが搭載されているドローンを購入しましょう。機体によっては後からカメラを搭載することができるので、後付けでも問題ありません。

後付けでカメラを付ける場合は、自分でカメラのスペックを選択することができます。ハイスペックのカメラを搭載すればよりキレイな景色を撮影することができるので、キレイな景色を撮影したいならカメラを後付けできるドローンを選びましょう。

また撮影といっても静止画と動画があります。静止画を撮りたいならそれに対応した、動画ならどう動作が撮影可能なカメラを選ぶようにしましょう。

ドローンは機体によって大きさも違います。サイズが大きいものはそれだけ性能が高いことが多いですが、大きいとリスクも大きくなってしまいます。例えば価格も高いですし、墜落してしまうと機体が再起不能になってしまったり、周りに大きな被害を与えてしまったりする可能性も高いです。

初心者がドローンを選ぶ場合はサイズが小さいものを選びましょう。小さいものは電子制御がなく操作が難しいですが、飛ばす練習をするには打ってつけです。小さいサイズはどれくらいの大きさのことを言うのか?と言いますと、一番小さいので手のひらサイズになります。

いわゆる「ミニホビー」と呼ばれるドローンで、次に小さいのが両手サイズで「ホビー」と呼ばれる機体です。初心者が購入するならこのミニホビーかホビーから選ぶようにしましょう。

小さいため持ち運びも簡単ですし、そのサイズから室内での飛行もできます。むしろサイズが小さいと外で飛ばすと風邪の影響を受けて飛ばしにくいため室内の方が飛ばしやすいです。

室内ならドローンを飛ばすための許可なども不要なため、初心者の人でも練習をしやすくなっています。注意点としては、サイズが小さいものは機能が多くなくて、ただ飛ばすだけの機体も多いです。

撮影したい人は、小さいサイズでカメラがついている機体、もしくは後付けできる機体を探すようにしましょう。初心者が最初のドローンを選ぶなら価格が安くてサイズが小さいものをまず探してみてください。